あなたのこだわりを住建太子光は創ります

HOME » 施工事例 » 外構工事

布団干しを目的とした縁台作製

下の写真の掃出し窓の所に軽度の身障者の方が布団を干せるようにと縁台の作製を承りました。

幅・高さ等お施主様と相談を重ねて作製いたしました。

縁台設置予定箇所には沓脱石やエアコン室外機などの障害物がありそれらを避けて計画が必要でした。

今回使用した材料は檜節有特一等材です。

価格が安価な通常下地材として使用される羽柄材ですが材料を選別し、木取・仕上加工することにより

美しい仕上りとなります。

各構造体の仕口加工を施し塗装前の仮組をします。

飾り格子には瓢箪面の飾り面をとりより丈夫さを出すためにホゾ入加工して組みます。

詳細はこちら

|カテゴリー:外構工事

|カテゴリー:外構工事

和の趣を大切に総檜造りの本格派縁台を心こめて作製しました。

長年大事に使用されてきた縁台が老朽化した為に新しい縁台を作製し、設置する依頼を承りました。

縁台は庭や露地に置いて休憩や夕涼みなどに用いる細長い腰掛のことをいいます。

縁台を置くだけでいつもの場所が心休まる癒しの空間になります。

今回の仕事ではお施主様ご夫婦仲良く縁台で会話を楽しむ姿を想像してはりきって取組ました。

【既存の縁台】

お施主様の親類の方が20年位前に作られた縁台です。

一般の方が作製した縁台の割には出来栄えはかなり良く、テラス屋根下に置いて有った物を新築された住宅に持ってきたようでかなり保存状態はしっかりしていました。

但し、木材に塗布されている塗膜(ペンキ)が剥がれ、デッキ材に上部より釘打ちされているステンレスのスクリュ-釘の緩みがしょうじていました。

塗膜をサンダーで磨いて落とし浸透性保護塗料を塗る事を考慮しましたが、縁台の幅を拡張したいとの意向もありましたので

新たに大工の技術を駆使して和風の縁台の作製取り掛かりました。

先ず各檜材を選別し、目合い・木の反り具合等の曲を見極め使用箇所を決定します。

縁台のデッキ材を木取りバンドソーで部材寸法を整えていきます。

因みに今回の縁台では40×45×500mmを仕上り寸法に設定し、120本必要入数です。

詳細はこちら

|カテゴリー:外構工事

|カテゴリー:外構工事

磐田市A様邸外構工事

磐田市A様邸外構工事最終工程です。

乱形石張り~建物周囲の砕石敷工事です。

乱形石を工事箇所に合わせてパズルを行うように見栄えよく仮配置していきます。

乱形石にも様々な種類がありますが今回は色バランスを考慮してカナリアクオーツを使用しました。

この商品はコストは抑えれますが搬入時の形・厚みのばらつきが目立ち施工性が悪いですが、今回はお施主様との共同作業ということで会話をしながら楽しんで作業に取り組みました。

捨てコンクリート上に石張り下地モルタルを施工してノロを撒いて乱形石裏にセメントペーストをつけて圧着張りしていきます。

この乱形石は厚さが約15mm~35mm有下地調整及び圧着作業が困難でした。

本日は目地詰め作業です。

暑い中だと目地乾きも早く洗い作業が大変の為、お施主様の協力を頂き朝早くからの作業です。

大変仲の良い御夫婦で息子さん夫婦の為一生懸命作業してくれました。

おかげさまで作業が捗りました。

玉龍の植栽目地も入りアプローチ周囲の矢作砂利も入り作業完工しました。

アプローチ横のドウダンツツジ周囲はお施主様の後工事にて施工予定です。

やはり外構工事が完成すると建物がより一層見栄えよくなります。

|カテゴリー:外構工事

|カテゴリー:外構工事

磐田市A様邸外構工事

 磐田市A様邸外構工事のポスト・表札取付工事~玄関までのサブアプローチの工事の様子です。

ブロック積みの為の基礎ベース打ち前の型枠~配筋工事です。

ブロック積みの両サイドに枕木を立つ為の掘削作業も同時進行です。

ベースコンクリートの打設も終わり型枠も撤去しました。

ブロックは一段ごとに水平・垂直を確認しながら慎重に施工します。

ブロック積み作業前に作製した型枠通りにカットしたブロックです。

アーチ状にブロック積み作業が終わり両サイドに枕木を設置して意匠性を高めました。

猛暑日だった為養生しながらブロック積みに中塗り作業しました。

詳細はこちら

|カテゴリー:外構工事

|カテゴリー:外構工事

磐田市A様邸外構工事

外構工事をお施主様の要望でお施主様参加の共同作業にてプラン設計~施工まで工事作業しました。

お施主様との共同作業でとても良い思い出作りが出来ました。

まずは下の写真のお施主様が購入した枕木(ユーカリの木)を32本建物周囲に縁石がわりに施工しました。

一本約60㎏有猛暑日が続く中で作業は難航しました。

丁張を出して高さを設定し、枕木下にはコン砕を敷き詰め上写真のコンパクターで締固めしました。

通り糸を張り枕木をモルタルを敷いて設置していきます。

お施主様も一輪車(ネコ)を使用し大活躍です。

枕木は堅木なので角度をつけて曲げる部分の調節が難しいです。

詳細はこちら

|カテゴリー:外構工事

|カテゴリー:外構工事

Page 10 of 11« First...7891011