あなたのこだわりを住建太子光は創ります

HOME » 施工事例 » 住宅の小さな修理・工事

磐田市A様邸

農機具小屋の前の樋の排水(雨水)経路を施工しました。

(施工前)

雨水マスが近接位置にあるにもかかわらず配管が未施工で垂れ流し状態でした。

お施主様が自ら余った軒樋を使って雨水マスに流していました。

犬走りコンクリートを切断しハツリ作業しました。

根切り作業をし、排水経路を設けました。

コンクリートマスに孔穴作業をし、VU菅で配管作業をしました。

(施工後)

犬走りコンクリートの補修を終え作業完工しました。

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

袋井市O様邸リフォーム

今回は浴室のプライバシーの保護目的の為の工事と浴室の部材の消耗品(引戸枠のパッキン・換気扇)の交換工事を請け賜りました。

(施工前)

トップライト付出窓が浴室に付いていました。

浴室の出窓は浴室側(室内側)からみると室内の奥行きが広くなり部屋全体を明るく広さを演出する視覚効果があります。

しかし、その反面開放的ゆえに上記の写真のような形状ですと立地条件によってはプライバシーを著しく失う事になります。

この住宅は高低差のある分譲地に建っている為窓を開けっぱなしに出来ない状態でした。

(施工後)

プライバシー保護目的で固定式目隠しルーバーを取付ました。

本来なら使用用途の幅広い可変ルーバー(羽根角度調整有りのタイプ)を取付た方が便利ですが可変ルーバーは固定式に比べ重量がありこの窓に取付ける場合不適切の為この住宅の立地条件に合わせルーバーの羽根角度を上向き設定し取付けました。

(施工前の住宅下道路からの様子)

住宅は傾斜地に建っていて浴室窓を開けていると下の道路から見上げると丸見えの状態でした。

これは請負者のお施主様への説明責任が明らかに足らない事が原因です。

(施工後の住宅下道路からの様子)

浴室側からの開放感は半減してしまいましたが外部からのプライバシーは確保出来ました。

詳細はこちら

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

磐田市O様邸リフォーム

ベランダの装飾性・機能性を高めました。

FRP防水の上にベランダ用置きタイル300角を2色使用し千鳥に配置しました。

とても華やかになりました。

置きタイルは着脱が容易な上雨降りの翌日でも乾きが早い為素足で出れます。

単にFRP防水のみですと夏は床が暑いし、何よりも雨後に塵が付着し汚れが目立ちます。

一昔前の素材ですと人工芝でしたがゴミが付着しやすく逆効果でしたが置きタイルは推奨できます。

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

磐田市S様邸リフォーム

外壁(角波トタン)窓廻りの部位より雨水の浸入により下地が傷みクロス剥がれが起きた箇所周辺をクロスカット合板にて部分補修しました。

【施工後】

工事代金を出来るだけ早く安価に抑えたいとの要望にて業種を木工事のみとし更にクロス合板を使用しました。

最近はあまり使用されなくなった素材ですが部分改修にはとても重宝です。

工事範囲を開口枠で止め何とか縁切りしました。こういった工事は工事範囲により工事内容が変わります。

もし、部屋全面を貼り直す要望があればクロス張りとしたほうが合理的です。

詳細はこちら

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

磐田市A様邸

倉庫の利便性を高める為の棚取り付け工事を承りました。

農業用の機材を使用しやすくを主旨とし棚の高さ、奥行き、配置等はお施主様が書いてくれたフリーハンドのラフ図を元に施工しました。

(施工後)

棚の高さの基準となった消毒用タンクもしっかりと納まりました。

棚材は柱に全て彫りこみ加工を施して取りつけ耐加重もかなり高めました。

(施工中)

柱位置を定めて仮固定し棚を取り付けながら柱を徐々に拘束していきます。

(施工前)

出来るだけ工事費用を抑える為に棚材料は杉の大間柱の特一等より節の無い材料を選定し使用しました。

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

|カテゴリー:住宅の小さな修理・工事

Page 19 of 20« First...10...1617181920